· 

アートの旅/喜多方/大和川酒造

喜多方の大和川酒造さん、40年ぶりに訪問しました。✌️

試飲した弥右衛門酒。

昔と変わらないスッキリな中にも味わい深い日本酒です。自噴の井戸水も美味しい‼️

 

会津塗りはいろいろな技法があり覚えるのは大変です💦

虫食い、螺鈿などなど、あっこれは値段も高い技法ですね😅

 

いろいろな工房があり現代風なモダンなものもあります。お店も古い建物が多く蔵があるところが多いです。

 

大和川酒造さんの代表銘柄、

弥右衛門酒です。伝統のカスモチ醸造、麹を倍、発酵期間も倍、じっくり時間をかけて醸します。


古い発酵蔵は展示室に。


昔は陶器の壺で図り売りもしていたそうです。

計り売りではいくらでも飲んでしまいそうですね(笑)


お蔵でコンサートも開催。

来月はオペラ歌手だそうです。

行こうかな。


二階の手すりは一升瓶。


会津塗りのお店の裏には蔵が続いています。


先代さんが次世代のデザインを見越して作らせた昭和の逸品。

モダンすぎて売れずに蔵の奥に眠っていたそうです。

大きめ35センチの木木地に漆職人の丁寧な仕上げ。格安でゲットしました。✌️


こちらは花の中心が貝を使った螺鈿の職人手描きの皿。

これも蔵の奥に眠っていた昭和中頃の作品。これも迷わずゲットしました。

それぞれ1枚しかないこともあり格安でした。

料理が映えますね😀✌️