· 

六本木歌舞伎/進化している歌舞伎の素晴らしさに感動

昨日の夕方は市川海老蔵さんの六本木歌舞伎を堪能しました。共演に戸塚祥太さん、市川右團次さんなど。演目はハナゾチルで現代と古典の融合した歌舞伎ならではの面白さ、笑いが随所にありながらも歌舞伎の粋やカッコいい決めや動きの大きな荒事がありで楽しい舞台でした。

 

日本の伝統芸能でありながら新しい取り組みを入れて進化している歌舞伎の素晴らしさに感動しました。

 

特に成田屋さんは30年位前の市川海老蔵さんのお父様が十二世市川團十郎の襲名披露公演『助六由縁江戸桜』を観させていただいたときから面白いものという印象で時々見に行っていましたが、なかなか良いものです。

粋や洒落、日常的に使われる言葉にも歌舞伎由来がある(十八番、黒幕など)日本語。

歌舞伎が身近なものであり続けてほしものです。 

 

皆さんも是非とも足を運ばれてはいかがですか。3月6日まで六本木EXシアターで開催中です。

 

昨年はコロナで中止だったので2019年以来の開催です。


先代の市川團十郎さんの域に達してきた感がありますね。✌️ 襲名も近いですね。


歌舞伎役者ではない方も共演する斬新な舞台です。


六本木ヒルズの名所?蜘蛛のオブジェと東京タワー。なかなか素敵な組み合わせ